業績

招待講演

  1. Akinori Ihara, “Open Source Software Engineering,” 通信情報システム専攻 2017年度談話会, 2017年5月.
  2. 伊原 彰紀, “The Impact of Mislabelling on the Performance and Interpretation of Defect Prediction Models,” 日本ソフトウェア科学会第32回大会 特別講演, 2015年9月.

解説

  1. 伊原 彰紀,大平 雅雄, “「オープンソースソフトウェア工学」シリーズ第1回 オープンソースソフトウェア工学,” コンピュータソフトウェア, volume 33, number 1, pages 28-40, 2016年1月.
  2. 門田 暁人, 伊原 彰紀,松本 健一, “「ソフトウェア工学の実証的アプローチ」シリーズ第5回 ソフトウェアリポジトリマイニング,” コンピュータソフトウェア, volume 30, number 2, pages 52-65, 2013年5月.

論文誌

  1. 林 宏徳, 伊原 彰紀, 松本 健一, “レビューア間の合意形成と不具合修正に関する一考察〜OpenStackプロジェクトを対象としたケーススタディ〜”, 情報処理学会論文誌, Vol.58, No.3, pp.721-725, 2017年3月.
  2. 中川 尊雄, 伊原 彰紀, 松本 健一, “ソフトウェア開発記録の多次元データ分析に向けた可視化方式Treemap Forestの設計と実証的評価”, SEC journal, Vol.12, No.1, pp.8-15, 2016年7月.
  3. 伊原 彰紀,大平 雅雄, “「オープンソースソフトウェア工学」シリーズ第1回 オープンソースソフトウェア工学”, コンピュータソフトウェア, Vol.33, No.1, pp.28-40, 2016年1月.
  4. 山谷 陽亮, 大平 雅雄, Passakorn Phannachitta, 伊原 彰紀, “OSSシステムとコミュニティの共進化の理解を目的としたデータマイニング手法”, 情報処理学会論文誌, Vol.56, No.1, pp.59–71, 2015年1月.
  5. 大平 雅雄,伊原 彰紀,中野 大輔,松本 健一, “ソフトウェア品質の第三者評価における 探索的データ解析ツールの利用とその効果: OSS データを対象とした検証実験”, SEC journal, Vol.10, No.1, pp.24-31, 2014年3月.
  6. Papon YONGPISANPON, Masao OHIRA, Akinori IHARA, and Kenichi MATSUMOTO, “Adaptive Search Framework: Better Search Result for Community,” 情報社会学会誌, Vol.8, No.2, pp.29-43, 2014年3月.
  7. 門田 暁人, 伊原 彰紀,松本 健一, “「ソフトウェア工学の実証的アプローチ」シリーズ第5回 ソフトウェアリポジトリマイニング”, コンピュータソフトウェア, Vol.30, No.2, pp.52-65, 2013年5月.
  8. 正木 仁, 大平 雅雄, 伊原 彰紀, 松本 健一 , “OSS開発における不具合割当パターンに着目した不具合修正時間の予測,” 情報処理学会論文誌, Voll. 54, No2, pp.933-944, 2012.
  9. Emad Shihab, Akinori Ihara, Yasutaka Kamei, Walid M. Ibrahim, Masao Ohira, Bram Adams, Ahmed E. Hassan and Ken-ichi Matsumoto, “Studying Re-opened Bugs in Open Source Software,” Journal of Empirical Software Engineering, Vol.18, No.5, pp.1005-1042, 2012.
  10. Passakorn Phannachitta, Akinori Ihara, Pijak Jirapiwong, Masao Ohira, Ken-ichi MatsumotoAkinori, “An Algorithm for Gradual Patch Acceptance Detection in Open Source Software Repository Mining,” IEICE Transactions on Information and Systems, Vol.E95-A, No.9, pp.1478-1489, September 2012.
  11. Anakorn jongyindee, Masao Ohira, Akinori Ihara, Ken-ichi Matsumoto , “Good or Bad Committers? – A Case Study of Committer’s Activities on the Eclipse’s Bug Fixing Process,” IEICE Transactions on Information and Systems, Vol.E95-D, No.9, pp.2202-2210, September 2012.
  12. 伊原 彰紀, 亀井 靖高, 大平 雅雄, 松本 健一, 鵜林 尚靖 , “OSSプロジェクトにおける開発者の活動量を用いたコミッター候補者予測”, 電子情報通信学会論文誌, Vol.J95-D, No.2, pp.237-249, 2012年2月. 
  13. 伊原 彰紀, 大平 雅雄, 松本 健一, “OSS開発における不具合修正プロセスの現状と課題 :不具合修正時間の短縮化へ向けた分析,” 情報社会学会誌, Vol.6, No.2, pp.1-12, 2012年11月.
  14. 亀井 靖高, 大平 雅雄, 伊原 彰紀, 小山 貴和子, 柗本 真佑, 松本 健一, 鵜林 尚靖, “グローバル環境下におけるOSS開発者の情報交換に対する時差の影響,” 情報社会学会誌, Vol.6, No.2, pp.13-30, 2011年11月. 

国際会議

  1. Norihito Kitagawa, Hideaki Hata, Akinori Ihara, Kiminao Kogiso, and Kenichi Matsumoto, “Code Review Participation: Game Theoretical Modeling of Reviewers in Gerrit Datasets,” In Proc. of 9th International Workshop on Cooperative and Human Aspects of Software Engineering (CHASE 2016), 採録済.
  2. Toshiki Hirao, Akinori Ihara, Yuki Ueda, Passakorn Phannachitta, and Kenichi Matsumoto, “Towards a Better Reviewer Recommendation Using the Level of Agreement,” The 7th International Workshop on Empirical Software Engineering in Practice (IWESEP2016), March 2016.
  3. Md. Rejaul Karim, Akinori Ihara, Xin Yang, Hajimu Iida, and Kenichi Matsumoto, “What Additional Features Should Be in a High-Impact Bug Report?,” In Proc. of 23rd IEEE International Conference on Software Analysis, Evolution, and Reengineering (SANER 2016),Poster session, March 2016.
  4. Jirayus Jiarpakdee, Akinori Ihara, and Ken-ichi Matsumoto, “Understanding Question Quality Through Affective Aspect in Q&A Site,” In International Workshop on Emotion Awareness in Software Engineering (SEmotion 16), 2016.
  5. Keisuke Fujino, Akinori Ihara, Kiyoshi Honda, Hironori Washizaki, and Ken-ichi Matsumoto, “Toward Selecting a Reliable Version of Oss Library Based on Bug-Fixing Curve,” In Proc. of 23rd IEEE International Conference on Software Analysis, Evolution, and Reengineering (SANER 2016),Poster session, 2016.
  6. Toshiki Hirao, Akinori Ihara, Yuki Ueda, Passakorn Phannachitta, and Ken-ichi Matsumoto, “The Impact of a Reviewers Low Level of Agreement in a Code Review Process,” In The 12th International Conference on Open Source Systems (OSS2016), 2016.
  7. Toshiki Hirao, Akinori Ihara, and Kenichi Matsumoto, “Pilot Study of Collective Decision-Making in the Code Review Process,” In Proc. of the Center for Advanced Studies on Collaborative Research (CASCON2015), pages 248-251 November 2015.
  8. Toshiki Hirao, Akinori Ihara, and Kenichi Matsumoto, “How do core reviewers make a decision in Code Review Process -­‐ A Pilot Study of Open Source Project Patches -­‐,” , October 2015.
  9. Hideshi Sakaguchi, Akinori Ihara, and Ken-ichi Matsumoto, “The Impact of Maintenance Frequency of Test Codes on the Defect Detection in OSS Development,” MSR Asia Summit 2015, Poster session, October 2015.
  10. Norihito Kitagawa, Hideaki Hata, Akinori Ihara, Kenichi Matsumoto, and Kiminao Kogiso, “A Theoretical and Empirical Study of Cooperation in Code Review,” MSR Asia Summit 2015, Poster session, October 2015.
  11. Masao Ohira, Yutaro Kashiwa, Yosuke Yamatani, Hayato Yoshiyuki, Yoshiya Maeda, Nachai Limsettho, Keisuke Fujino, Hideaki Hata, Akinori Ihara, and Kenichi Matsumoto, “A Dataset of High Impact Bugs: Manually-Classified Issue Reports,” In Proc. of 12th Working Conference on Mining Software Repositories (MSR2015), pages 518-521 May 2015.
  12. Chakkrit Tantithamthavorn, Shane McIntosh, Ahmed E. Hassan, Akinori Ihara and Ken-ichi Matsumoto, “The Impact of Mislabelling on the Performance and Interpretation of Defect Prediction Models,” In Proc. of the 37th International Conference on Software Engineering (ICSE’15), pages. 812-823, 2015. Acceptance rate is 18%!
  13. Ryohei Takasawa, Kazunori Sakamoto, Akinori Ihara, Hironori Washizaki and Yoshiaki Fukazawa, “Do open source software projects conduct tests enough?,” In Proc. of the 15th International Conference of Product Focused Software Development and Process Improvement (PROFES2014), pages.322-325, 2014.
  14.  Akinori Ihara, Akito Monden, and Kenichi Matsumoto, “Industry Questions About Open Source Software in Business: Research Directions and Potential Answers,” In Proc. of the 6th International Workshop on Empirical Software Engineering in Practice (IWESEP 2014), pages.55-59, 2014.
  15.  Akinori Ihara, Yasutaka Kamei, Masao Ohira, Ahmed E. Hassan, Naoyasu Ubayashi, and Kenichi Matsumoto, “Early Identification of Future Committers in Open Source Software Projects,” In Proc. of the 14th International Conference on Quality Software (QSIC 2014), pages.47-56, 2014.
  16.  Chakkrit Tantithamthavorn, Akinori Ihara, Hideaki Hata, and Ken-ichi Matsumoto, “Impact Analysis of Granularity Levels on Feature Location Technique,” In Proc. of 1st Asia Pacific Requirements Engineering Symposium (APRES 2014). (to appear)
  17. John Boaz Lee, Akinori Ihara, Akito Monden, and Ken-ichi Matsumoto, “Patch Reviewer Recommendation in Oss Projects,” In Proc. of 5th International Workshop on Empirical Software Engineering in Practice (IWESEP 2013), pages 1-6, December 2013.
  18. Akinori Ihara, Yuji Tsuda, and Ken-ichi Matsumoto, “What Type of Thread Caan Get Feedback in OSS User Mailing List?,” In Proc. of 5th International Workshop on Social Software Engineering (SSE2013), pages 25–28, August 2013.
  19. Hironori Hayashi, Akinori Ihara, Akito Monden, and Ken-ichi Matsumoto, “Why Is Collaboration Needed in OSS Projects?: a Case Study of Eclipse Project,” In Proc. of the 5th International Workshop on Social Software Engineering (SSE2013), pages 17-20, August 2013.
  20. Passakorn Phannachitta, Pijak Jirapiwong, Akinori Ihara, Masao Ohira, and Ken-ichi Matsumoto , “An Analysis of Gradual Patch Application – A Better Explanation of Patch Acceptance,” In Proc. of the Joint Conference of the 21th International Workshop on Software Measurement (IWSM) and the 6th International Conference on Software Process and Product Measurement (Mensura), pages.106-115, November 2011.
  21. Anakorn Jongyindee, Masao Ohira, Akinori Ihara, and Ken-ichi Matsumoto, “Good Or Bad Committers? A Case Study of Committers’ Cautiousness and the Consequences on the Bug Fixing Process in the Eclipse Project,” In Proc. of the Joint Conference of the 21th International Workshop on Software Measurement (IWSM) and the 6th International Conference on Software Process and Product Measurement (Mensura), pp.116-125, November 2011. Best Student Paper Award!
  22. Anakorn Jongyindee, Masao Ohira, Akinori Ihara, and Kenichi Matsumoto, “A Case Study of the Consequences from Committers’ Activities on the Bug Fixing Process in the Eclipse Project,” In Proc. of the International Workshop on Empirical Software Engineering in Practice (IWESEP 2011), pp.9-14, November 2011.
  23. Passakorn Phannachitta, Pijak Jirapiwong, Akinori Ihara, Masao Ohira, and Kenichi Matsumoto, “Study the Temporary Changes of Oss Openness Through Patch Acceptance and Evolution Pattern,” In Proc. of the International Workshop on Empirical Software Engineering in Practice (IWESEP 2011), pp.37-42, November 2011.
  24. Soichiro Tani, Akinori Ihara, Masao Ohira, Hidetake Uwano, and Ken-ichi Matsumoto, “A System for Information Integration between Development Support Systems,” In Proc. of the International Workshop on Empirical Software Engineering in Practice (IWESEP 2011), pp.33-34, November 2011.
  25. Shoji Fujita, Masao Ohira, Akinori Ihara, and Ken-ichi Matsumoto, “An Analysis of Committers Toward Improving the Patch Review Process in OSS Development,” In Proc. of the Supplementary Proceedings of the 21st IEEE International Symposium on Software Reliability Engineering (ISSRE2010), pp.369-374, November 2010.
  26. Emad Shihab, Akinori Ihara, Yasutaka Kamei, Walid M. Ibrahim, Masao Ohira, Bram Adams, Ahmed E. Hassan, and Ken-ichi Matsumoto, “Predicting Re-Opened Bugs: A Case Study on the Eclipse Project,” In Proc. of the 17th Working Conference on Reverse Engineering (WCRE 2010), pp.249-258, October 2010.
  27. Akinori Ihara, Masao Ohira, Ken-ichi Matsumoto. “Differences of Time between Modification and Re-Modification: An Analysis of A Bug Tracking System”. In Proc. of the 3rd International Workshop on Knowledge Collaboration in Software Development (KCSD2009).
  28. Masao Ohira, Kiwako Koyama, Akinori Ihara, Shinsuke Matsumoto, Yasutaka Kamei, Ken-ichi Matsumoto. “A Time-Lag Analysis Toward Improving the Efficiency of Communications among Oss Developers”. In Proc. of the 3rd International Workshop on Knowledge Collaboration in Software Development (KCSD2009).
  29. Akinori Ihara, Masao Ohira, Ken-ichi Matsumoto. “An Analysis Method for Improving a Bug Modification Process in Open Source Development”. In Proc. of the 10th international workshop on principles of software evolution: in Conjunction with the 7th ESEC/FSE Joint Meeting (IWPSE2009), August 2009.

国内会議(査読付き)

  1. 南智孝, 伊原彰紀, 坂口英司, 松本健一 , “プロダクトコード変更に伴い共進化するテストコード特定手法の提案,” ウィンターワークショップ2016・イン・逗子 論文集, volume 2016, pages 51-52 2016年1月.
  2. 安藤聡志, 平尾俊貴, 伊原彰紀, 松本健一, 関浩之 , “OSS開発におけるソースコード静的解析手法を用いたパッチ検証手法の提案,” ウィンターワークショップ2016・イン・逗子 論文集, volume 2016, pages 49-50 2016年1月.
  3. 小野健一, 伊原彰紀, 平尾俊貴, 松本健一 , “オープンソース開発におけるパッチ検証者数の予測,” ウィンターワークショップ2016・イン・逗子 論文集, volume 2016, pages 53-54 2016年1月.
  4. 本田澄, 坂口英司, 伊原彰紀, 鷲崎弘宜, 深澤 良彰 , “欠陥とソースコードの変更回数の関係分析,” ウィンターワークショップ2016・イン・逗子 論文集, volume 2016, pages 57-68 2016年1月.
  5. 北川愼人, 畑秀明, 伊原彰紀, 小木曽公尚, 松本 健一, “コードレビューのジレンマ/スノードリフトゲームによる協調行動の分析,” 第22回ソフトウェア工学の基礎ワークショップ(FOSE2015), pages 203-212 2015年11月.
  6. 若元亮樹, 伊原彰紀, 松本健一, “OSS開発のプロジェクト事情による不具合修正時間の分析,” マルチメディア、分散、協調とモバイルシンポジウム(DICOMO2015), pages.412-418, 2015年7月.
  7. 藤野啓輔, 伊原彰紀, 本田澄, 鷲崎弘宜, 松本健一, “OSSの不具合修正曲線に基づき未修正不具合数の予測の試み,” ソフトウェア工学の基礎ワークショップ FOSE2014, pages 57–62, 2014年12月.
  8. 伊原彰紀, 亀井靖高, 大平雅雄, アダムスブラム, 松本健一, “OSSプロジェクトにおけるコミッターの承認に対する動機の理解,” ソフトウェア工学の基礎ワークショップ FOSE2014, pages 45–50, 2014年12月.
  9. 内垣 聖史, 伊原 彰紀, 門田 暁人, 松本 健一, “学習データの計測時点による欠陥モジュール予測精度の比較,” ソフトウェア工学の基礎,日本ソフトウェア科学会FOSE2013, volume 19, pages 5-14, 2013年11月. IEEE Young Researcher Award!
  10. 亀井 靖高, 長本 貴光, ラピュト シャシャンク, 小須田 光, 伊原 彰紀, 鵜林 尚靖, “クラッシュリポジトリマイニング -ソースコード 欠陥箇所の特定に向けて-”, ソフトウェア工学の基礎ワークショップ FOSE2013.
  11. 林 宏徳, 伊原 彰紀, 松本 健一, “OSS開発におけるレビュアー間の合意形成の分析,” グループウェアとネットワークサービスワークショップ2013 (GN Workshop 2013) 論文集, pages 1-8, 2013年11月. ベストペーパー賞!
  12. 吉行勇人, 大平雅雄,  伊原彰紀, “不具合修正プロセス効率化に向けた修正者の立場から見た管理者別タスク優先度の比較,” ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2013論文集, volume 2013, pages 1-2, 2013年9月.
  13. 林宏徳,  伊原彰紀, 門田暁人, 松本健一, “OSS開発における協調作業と不具合再修正の分析,” ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2013論文集, volume 2013, pages 1-2, 2013年9月.
  14. 内垣聖史,  伊原彰紀, 門田暁人, 松本健一, “学習データの時間的変化に伴う欠陥モジュール予測モデルの評価,” ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2013論文集, volume 2013, pages 1-2, 2013年9月.
  15. 山谷陽亮, 大平雅雄, Passakorn Phannachitta, 伊原彰紀, “OSSシステムとコミュニティの共進化の理解を目的としたデータマイニング手法,” 情報処理学会 マルチメディア,分散,協調とモバイル (DICOMO2013) シンポジウム論文集, pp.1695-1703, 2013年7月. ヤングリサーチャ賞!優秀論文賞!
  16. 林宏徳, 伊原彰紀, 門田暁人,松本健一, “OSS開発における一般開発者の協調作業と不具合の再修正に関する一考察,” 情報処理学会 マルチメディア,分散,協調とモバイル (DICOMO2013) シンポジウム論文集, pp. 1704-1709, 2013年7月. 最優秀プレゼンテーション賞!優秀論文賞!
  17. 門田暁人, 伊原彰紀, “リポジトリマイニングの研究成果の産業化への応用,” ウィンターワークショップ2013・イン・那須, 2013年1月.
  18. 谷宗一郎, 上野秀剛, 伊原彰紀, 松本健一, “情報検索手法を用いた開発支援システム間の情報統合,” 内垣聖史,  伊原彰紀, 門田暁人, 松本健一, “学習データの時間的変化に伴う欠陥モジュール予測モデルの評価,” ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2013論文集, volume 2013, pages 1-2, 2013年9月., pp. 177-182, 2012年12月.
  19. 伊原 彰紀, 藤田 将司,大平 雅雄,松本 健一. “OSS開発におけるコミッター選出のための開発者の活動量に関する実証的分析”. ソフトウェア工学の基礎XVIII, 日本ソフトウェア科学会 (FOSE2011), pp.81-90, 2011年11月.
  20. 伊原 彰紀, 山本 瑞起,大平 雅雄,松本 健一. “OSS開発における保守対応の効率化のためのアウェアネス支援システム”. 情報処理学会 マルチメディア,分散,協調とモバイル (DICOMO2010) シンポジウム, pp.1620-1629, 2010年7月. 優秀プレゼンテーション賞!
  21. 小山 貴和子, 伊原 彰紀, 柗本 真佑, 亀井 靖高, 大平 雅雄, 松本 健一, “OSS開発における情報交換の効率改善へ向けたタイムラグ分析手法の提案,” 情報処理学会シンポジウム グループウェアとネットワークサービスワークショップ 2009 論文集, Vol.2009, No.8, pp.81-86, 2009年9月.
  22. 伊原 彰紀, 大平 雅雄, 松本 健一. “不具合管理システム利用時の不具合修正プロセス改善のための滞留時間分析手法の提案”. 情報処理学会 マルチメディア,分散,協調とモバイル (DICOMO2009) シンポジウム論文集, pp.1221-1227, 2009年7月. ヤングリサーチャ賞!
  23. 大平 雅雄, 柗本 真佑, 伊原 彰紀, 松本 健一. “オープンメディアを活用した知識コミュニティのデザインに関する一考察”. 情報社会学会 「知識共有コミュニティワークショップ ―インターネット上の知識検索サービス研究―」, pp.1–10, 2008年11月.
  24. 伊原 彰紀, 大平 雅雄, 柗本 真佑, 亀井 靖高, 松本 健一. “複数のサブコミュニティを有するOSSコミュニティを対象としたネットワーク分析”. 情報処理学会 マルチメディア,分散,協調とモバイル (DICOMO2008) シンポジウム, pp.297–303, 2008年7月. 優秀プレゼンテーション賞!優秀論文賞!

研究会・全国大会等

  1. 坂口英司, 南智孝, 伊原彰紀, 松本健一 , “オープンソースソフトウェアにおけるテストコードの保守頻度と生存期間の分析,” 研究報告ソフトウェア工学(SE), volume 2015-SE-190, number 3, pages 1-5 2015年12月.
  2. 若林洸太, 門田暁人, 伊原彰紀, 玉田春昭 , “コードクローンと使用ライブラリに着目したオープンソースソフトウェアの進化の定量化,” 研究報告ソフトウェア工学(SE), volume 2015-SE-190, number 2, pages 1-6 2015年12月.
  3. 山下一寛, 槇原絵里奈, 伊原彰紀 , “ESEC/FSE2015参加報告,” 研究報告ソフトウェア工学(SE), volume 2015-SE-190, number 11, pages 1-2 2015年12月.
  4. 坂口英司, 伊原彰紀, 松本健一, “OSS開発におけるテストコードの保守頻度 が与える欠陥混入への影響,” ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム (SES2015), 2015年9月.
  5. 平尾俊貴, 伊原彰紀, 松本健一, “コードレビュープロセスに基づくパッチ再投稿の予測,” ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2015(SES2015), 2015年9月.
  6. 平尾俊貴, 伊原彰紀, 松本健一, “コードレビュープロセスに基づくパッチ再投稿の予測,” ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2015(SES2015), 2015年9月.
  7. 本田澄, 伊原彰紀, 鷲崎弘宜, 深澤良彰, “ソースコードの変更回数と不具合修正の関係分析に向けて,” 日本ソフトウェア科学会第32回大会, 2015年9月.
  8. 松本明, 伊原彰紀, 大平雅雄, “データサイズを考慮したコミッター候補者予測モデルの検討,” ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム (SES2015), 2015年9月.
  9. 松本明, 伊原彰紀, 大平雅雄, “データサイズを考慮したコミッター候補者予測モデルの検討,” ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム (SES2015), 2015年9月.
  10. 河居寛樹, 伊原彰紀, 坂口英司, 中川尊雄, 藤野啓輔, 松本健一, “パッチ開発のための不具合報告内容の分析,” ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2015 (SES2015), 2015年9月.
  11. 若元亮樹, 伊原彰紀, 松本健一, “OSSプロジェクトの開発状況が不具合対応時間に与える影響,” ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2015(SES2015), 2015年9月.
  12. 松本卓大, 三浦圭裕, 崔恩瀞, 伊原彰紀, 林晋平 , “第22回SANERの参加報告,” 研究報告組込みシステム(EMB), volume 2015-EMB-37, number 10, pages 1-2 2015年5月.
  13. 坂口英司, 伊原彰紀, 尾上紗野, 畑秀明, 松本健一, “複数のオープンソースプロジェクトに参加する開発者による貢献の分析,” 第92回GN・第9回SPT合同研究発表会, pages 1-4 2014年5月.
  14. 大坂陽, 伊原彰紀, 亀井 靖高, 松本 健一, 鵜林 尚靖, “パッチレビュープロセスにおけるパッチ作成者の継続性の違い,” 情報処理学会研究報告, 2014年5月.
  15. 山谷 陽亮, 大平 雅雄, 伊原 彰紀, “OSS開発における共進化プロセスの理解のための遅延相関分析,” 情報処理学会研究報告, volume 2013-SE-181(3), pp. 1–8, 2013年7月.
  16. 山下 一寛, 角田 雅照, 伊原 彰紀, 亀井 靖高, “第10回MSRの参加報告,” 情報処理学会研究報告, volume 2013-SE-181(13), pp. 1–2, 2013年7月.
  17. 林 宏徳, 伊原 彰紀, 門田 暁人, 松本 健一, “OSS開発におけるコミッターの協調作業についての一考察,” 情報処理学会研究報告, volume 2013-GN-88, pp. 1-4, 2013年5月.
  18. 伊原 彰紀, 松本 健一, “OSSプロジェクトにおけるユーザ用メーリングリストの実態調査,” 情報処理学会研究報告, volume 2013-GN-88, pp. 1-6, 2013年5月.
  19. 河居 寛樹, 上野 秀剛, 伊原 彰紀, “形態素N-gramを用いた不具合修正完了ソースコードの特定,” 電子情報通信学会技術報告, volume 112, number 458, pp. 57-62, 2013年3月.
  20. 長本 貴光, 亀井 靖高, 伊原 彰紀, 鵜林 尚靖, “クラッシュログを用いたソースコード不具合箇所の特定に向けた分析,” 研究報告ソフトウェア工学(SE), 2013年.
  21. 亀井 靖高, 伊原 彰紀, 畑 秀明, 吉村 健太郎, 吉田 則裕, “第34回ソフトウェア工学国際会議ICSE2012 参加報告,” 情報処理学会研究報告, number 5, pages 1-7, 2012年7月.
  22. 藤田 将司, 伊原 彰紀, 大平 雅雄, 松本 健一, “OSS開発におけるパッチレビュープロセスの効率化に向けたコミッターの分類,” 平成22年度 情報処理学会関西支部支部大会 講演論文集, Vol.2010, 2010年9月.
  23. 伊原 彰紀, 大平 雅雄, 柗本 真佑, 松本 健一. “OSSの開発状況理解支援のための可視化手法の提案,”. 情報処理学会シンポジウム グループウェアとネットワークサービス・ワークショップ 2007 論文集, pp.63-64, 2009年9月.
  24. 伊原 彰紀, 大平 雅雄, 小山貴和子, 松本 健一. “OSSの障害修正における開発者ネットワークの分析”. 第5回ネットワーク生態学シンポジウム予稿集, pp.258-259, 2009年3月.
  25. 伊原 彰紀, 大平 雅雄, 松本 健一. “障害管理システム利用時の修正遅延要因の分析”. ソフトウェア信頼性研究会 第5回ワークショップ論文集, pp.75-82, 2009年3月.
  26. 伊原 彰紀, 亀井 靖高, 大平 雅雄, 柗本 真佑, 松本 健一. “OSSプロジェクトにおける障害に関する情報共有の分析”. 情報処理学会関西支部 支部大会 講演論文集, Vol.2008, pp.69-72, 2008年10月. 学生奨励賞!
  27. 伊原 彰紀, 前島 弘敬, 柗本 真佑, 亀井 靖高, 大平 雅雄, 松本 健一. “複数のサブコミュニティを有するOSSコミュニティにおけるコーディネータの分析”. 情報処理学会シンポジウム グループウェアとネットワークサービス・ワークショップ 2007 論文集, Vol.2007, No.11, pp.13-18, 2007年11月. 

表彰・受賞

  1. インタラクティブ賞 坂口 英司, 伊原 彰紀, 松本 健一, “OSS開発におけるテストコードの保守頻度が与える欠陥混入への影響,” ソフトウェアエンジニアリングシンポジウム2016 (SES 2016), 2016.
  2. Best Poster Award Keisuke Fujino, Akinori Ihara, Kiyoshi Honda, Hironori Washizaki, Ken-ichi Matsumoto, “Toward Monitoring Bugs-Fixing Process After the Releases in Open Source Software,” Proc. of the 6th International Workshop on Empirical Software Engineering in Practice (IWESEP 2014), 2014.
  3. ベストペーパー賞 林 宏徳, 伊原 彰紀, 松本 健一, “OSS開発におけるレビュアー間の合意形成の分析,” グループウェアとネットワークサービスワークショップ2013 (GN Workshop 2013) 論文集, pages 1-8, 2013年11月.
  4. 優秀論文賞 林 宏徳, 伊原 彰紀, 門田 暁人, 松本 健一, “OSS開発における一般開発者の協調作業と不具合の再修正に関する一考察,” 情報処理学会 マルチメディア,分散,協調とモバイル (DICOMO2013) シンポジウム論文集, pages 1704-1709, 2013年7月.
  5. 優秀論文賞 山谷 陽亮, 大平 雅雄, Passakorn Phannachitta, 伊原 彰紀, “OSSシステムとコミュニティの共進化の理解を目的としたデータマイニング手法,” 情報処理学会 マルチメディア,分散,協調とモバイル (DICOMO2013) シンポジウム論文集, pages 1695-1703, 2013年7月.
  6. 最優秀学生賞. 伊原 彰紀, 奈良先端科学技術大学院大学, 2012年3月.
  7. Best Student Paper Award. Anakorn Jongyindee, Masao Ohira, Akinori Ihara, and Ken-ichi Matsumoto, “Good Or Bad Committers? A Case Study of Committers’ Cautiousness and the Consequences on the Bug Fixing Process in the Eclipse Project,” In The Joint Conference of the 21th International Workshop on Software Measurement (IWSM) and the 6th International Conference on Software Process and Product Measurement (Mensura), pp.116-125, November 2011. 
  8. 優秀プレゼンテーション賞(受賞者:伊原 彰紀). 伊原 彰紀, 山本 瑞起,大平 雅雄,松本 健一. “OSS開発における保守対応の効率化のためのアウェアネス支援システム”.情報処理学会 マルチメディア,分散,協調とモバイル (DICOMO2010) シンポジウム, pp.1620-1629, July 2010. 
  9. ヤングリサーチャ賞(受賞者:伊原 彰紀). 伊原 彰紀, 大平 雅雄, 松本 健一. “不具合管理システム利用時の不具合修正プロセス改善のための滞留時間分析手法の提案”. 情報処理学会 マルチメディア,分散,協調とモバイル (DICOMO2009) シンポジウム論文集, pp.1221-1227, 2009年7月.
  10. 学生奨励賞(受賞者:伊原 彰紀). 伊原 彰紀, 亀井 靖高, 大平 雅雄, 柗本 真佑, 松本 健一. “OSSプロジェクトにおける障害に関する情報共有の分析”, 情報処理学会関西支部 支部大会 講演論文集, Vol.2008, pp.69-72, 2008年10月. 
  11. 優秀プレゼンテーション賞(受賞者:伊原 彰紀). 伊原 彰紀, 大平 雅雄, 柗本 真佑, 亀井 靖高, 松本 健一. “複数のサブコミュニティを有するOSSコミュニティを対象としたネットワーク分析”. 情報処理学会 マルチメディア,分散,協調とモバイル (DICOMO2008) シンポジウム, pp.297-303, 2008年7月.
  12. 優秀論文賞. 伊原 彰紀, 大平 雅雄, 柗本 真佑, 亀井 靖高, 松本 健一. “複数のサブコミュニティを有するOSSコミュニティを対象としたネットワーク分析”. 情報処理学会 マルチメディア,分散,協調とモバイル (DICOMO2008) シンポジウム, pp.297-303, 2008年7月.

コメントは受け付けていません。